「配送会社レクハノ」に応募した話

配送会社レクハノの面接で感じたこと。

元々車の運転もバイクの運転も大好きだったので落ちることは無いと思っていました。しかし、面接ではなかなかきわどい部分のことも質問されました。面接の段階でここまでプレッシャーをかけるのか、と思いましたが、面接後に実技のテストがあったので、私は、根拠はありませんが確実に合格すると確信していました。

 

この仕事をしてみた感想

楽しかったこと

やはりこの仕事は私にはピッタリといっていいのだと思いました。仕事をしていて初めて通る道でも道が情報を頭に送ってくれるように大体のことが分かるのです。実際には、前日までにあらゆる店の情報を頭に入れていたのでそれが偶然に閃いただけなのですが、そういう偶然が何度も起こるのは、この仕事のことを私が本当に好きだからだと思います。

 

苦しかったこと

今までであれば、道を教えてくれていたなどと錯角してしまうくらいに、スムーズにルートが頭に入っていたのですが、ある日突然、そのルートが全く分からなくなったのです。ナビゲーションシステムを利用しても全く動いてくれないことがありました。何があったか理解できず、頭が真っ白になって辞めようかと思ったことも何度かありました。

 

転職しようと思った理由

配送の仕事をする勇気がなくなりました。何にも怖くないと思っていた配送の仕事ですが、配送の準備をするだけでも気が滅入りました。