「株式会社中真社」に応募した話

株式会社中真社の面接で感じたこと。

もう、自分の持っている知識を事コマに聞かされて若干怖かったです。しかも話は脱線するのですが、ビルのトイレを利用した時に、大便をしようとしていたら上から人が入ってきたんです。そして「お~にぃちゃん!!若いなぁ」って言ってきたんですよ。もうその辞典で怖くなってしまっていたので、面接で何言われたとしても怖くて怖くて…しかも面接官がその上から入ってきた人だったんです。早く出たい気持ちでいっぱいいっぱいでしたよ…

この仕事をしてみた感想

この仕事はただただブログを書き続けていくってことだったので俺には持って来いだと思いました。この仕事ならもう正社員街道まっしぐらじゃん!と高をくくっていました。

楽しかったこと

ブログをを作るということで、HTMLコードを教えてもらうことですね。このコードを教えてもらうことは自分にとってすごくプラスになっていて楽しく感じましたよ。

苦しかったこと

意外とネタを探すのがくろうするんです。毎日ずっと20ページぐらいのブログを書いていますからね。ネタが切れてくるんです。そうなるともう苦痛ですよ苦痛!

上司に言われて傷ついたことば

HMLで間違えた「マージンとパディング」について、身体で覚えろと新大阪駅で幅と高さ!って叫んで濃いと言われたことです。しかしやってみると恥ずかしさが先行してもう二度と間違えまいと思いましたね。

転職しようと思った理由

なんか、もう飽きちゃったんです…飽きたので転職しようと思ったんです。