「ラープ」に応募した話

ラープの面接で感じたこと。

化粧品について聞かれても私には…ということでした。面接の時にたくさん「どこの化粧品がいいと思う?」「ずばり!今日どこの化粧品を使ってきた?」と聞かれたんですが、もうどう答えていいのかわからずずっと「えぇ、なるほど」としか言えませんでした。しかも、こんなに質問してくるのに履歴書が不要なんですよ!え!?逆じゃない?と思いましたね。不安になってこの会社辞めようかなと思いました。しかし、実際に働くとその思いは消えました!

この仕事をしてみた感想

楽しかったこと

営業販売をしている人を見たことがありそれほど辛くないと思っていましたが、実際してみると思って以上にハードな仕事で足が1日で大根クラスになるかと思いました。雨が降った時を考えるとぞっとします。でも、初めてする仕事ということあり新しい街を開拓していっているようで楽しく仕事をする事が出来ました。営業の本質を知っていけばもっと楽しく仕事をすることができるのではないかと思いました。

苦しかったこと

先輩の仕事にどうこうするのではなくて、1人で販売営業に出かけました。本当に話も聞いてくれないので嫌になりました。何度も何度も行くのですが、話を聞いてくれもしないのです。私は、営業販売と言う仕事なので確実に自分のノルマは確実に無くさなければいけないのですが先輩がいなくなった途端にお客様に話も聞いてもらえなくなったので本当に迷いました。