主婦に朗報!お弁当屋のお仕事の理由は!?

ランチタイムに働くことが大人気の理由

主婦だけをターゲットにした、お弁当屋のランチタイムでの勤務は、主婦には絶大の人気で、求人が出るとすぐに応募がきます。特に子供が小学生以上であれば尚の事です。まず短時間で良いという仕事は探してもなかなか見つける事が難しいからです。子供が小学生になると言う事は、それだけ一人の時間が出来るという余裕は生まれますが、お金がかかると言う事と同じです。少しの時間でも働きたいと思う主婦層の人が多いのでおのずと人気がでる事になります。

 

ランチタイムのお仕事紹介

基本的に販売員のお仕事です。営業時間は朝の9時から晩の19時までなのですが働いてもらいたい時間はラインチタイムの11時半~13時半までの2時間だけです。求人をしている職種は、キッチンとレジの2種類です。キッチンで作られたお弁当を梱包して、お客様にお渡しして料金を頂く。基本はこれだけです。簡単なので未経験でもOKです。初めての方が良く間違うポイントがあるのでここで紹介します。

  1. 袋に詰め間違い。

2. お釣りの計算を間違える。

まず1ですが、いっぺんに仕事をしない事です。することに順序をつけましょう。決められた袋があるのでそれにただ入れるだけです。「お茶とお弁当は別々にした方が良いのか、ナプキンは何枚入れれば良いか」などは考えなくて大丈夫です。考えていると間違う可能性が多くあります。。2は、お客様が、ピッタリのお金を持っていない時の話です。例えば、料金が¥530の時にお客様が¥1030払いました。「え?¥530ですよ」と思った人は、計算が遅く間違えやすい人になります。「お釣り¥500ですね」と思った人は◎です。小銭が増えることを好きな人はいないと思います。単純な計算なので日ごろから進んで引き算の練習をしましょう。