鍋が好きで働きたいと思う

私は、鍋が大好きである。鍋をするのも好きだが、食べてもらうのも大好きなのでアルバイトには鍋専門店を選びたくて鍋料理専門店の求人を探しました。探し当てたバイト先は面接から少し問題がありましたが、今では楽しく仕事が出来ています。

 

面接は店長の代わりという人がしてくれました。この時点で少し様子が変であったと感じていました。店長の代理ではなくて代わり?と思いました。

 

店員:今日はありがとうございます。履歴書は店長に渡しますので預かります。

私:はい、お願いします。あのぉ~スイマセン責任者の方ですか?

店員:バイトのリーダーみたいなものです。ココでは長く働いているので

 

と、何のとりとめの無い話を15分くらいしていました。バイトの面接を、普通のスタッフがするのか?と思いましたが、店によって色々なスタイルがあるのだろうと都合よく解釈して質問に答えるなどしていました。大好きな鍋専門店の求人は、そんなに多くありませんので、確実にココで働きたいと考えていました。面接が少し変だと感じましたが「大丈夫だ」と自分に言い聞かせていました。

 

面接が終る頃に、急いできた人がいました。ネームプレートには店長と書かれていました。店長は来るや否や私に対してではなく、面接をしてくれたスタッフにきつい感じで「ココで何をしているんだ!」と言い放ちました。言われたスタッフは即座に逃げて行きました。続けて店長は、「会議が延びてしまい連絡も出来ずにスイマセンでした。」と話してくれました。私は、え?面接はほとんど終っているんですが・・・・・・(私は心の中で思いました。)

 

店長は、続けて、さっきいたのはお調子者のバイトでして、スイマセン。正式な面接をしますので少しだけお時間宜しいですか?私は、少し呆れましたがココで働きたいと思っていたので了解しました。コレがココで働く前に起きた出来事でした。

 

面接では、変な事もありましたが今ではそのスタッフとも楽しく仕事をしています。手紙のような追伸になりますが、ココの賄いは本当に絶品で前にココで働いていた人は店を辞めることが本当に嫌であったと思います。アルバイトに重要なのは、一緒に働くスタッフと、店の雰囲気、賄い、行きやすいか否かが本当に重要だと思います。最近何処かの求人を動画で店を紹介しているのがあると聞いたことがあります。それなら臨場感も湧いてすぐにでも働ける場所を選べると思うので、それが本当なら見てみたいです。そうなれば予めスタッフの顔も分かるので今回のような間違いがなくなるのでよいと思いました。