ハンバーガーが好きでハンバーガー屋で働く友人の話

私は、ハンバーガーが大好きで良く食べています。体重のことを気にすると食べられなくなるのですが、これは大好きなハンバーガー屋で働いている友人の話です。

 

ハンバーガーショップの求人を見つけたのは、いつも店前の特大ポスターに【新スタッフ 大募集!!】とありました。私は当時バイトをしていなかったので、簡単に始めるには調度いいと思い面接を受けたと言っていました。面接は、難無く通過したのですが、彼の考えは、根底から覆されたと言っていました。簡単そうに見えていた仕事は、驚くほど早く動かなければいけない事を始めて知ったと話していました。店の中と外は動きの見え方が全く違ったと話していました。

 

常に顔は笑顔で、周りのスタッフの今の行動を皆が知っていました。他のスタッフが何処で何の作業をしているかを、お互いが把握していると言うことを最初のトレーニングをしている時に感じたと話していました。一人一人の単独の行動より、スタッフが足並みを揃えてベクトルを合わせて販売するほうが、全てが好転することを彼は知ったそうです。

 

彼は、アルバイトでその店を1年半程してからハンバーガーショップ専門店に正社員になりたいと転職を考えて成功しました。

 

何とも思っていなかったアルバイトで、自分の将来の職が決まるとは思ってもいなかったようですが、してみなければ分からないことが山ほどあることを、アルバイトを通して知ったと話していました。