紳士服の販売員としての仕事

掲載企業の気持ちが紙面からどう読むか

求人誌の、コメントやキャッチコピーなどに其の会社の本当の気持ちが隠れていることを読み取るのは難しいかも知れないが、自分が心に決めた求人を見た時に思うことは、其の企業の狙いなのだと思います。新人のスタッフが欲しい企業は、若い人だけが欲しいのではなくて、今後の育成を兼ねて求人をだしていると思われる。求人の中には、最初から求人項目に「正社員・パート・アルバイト・契約社員」などと分けずに、「アルバイト・正社員登用制度有」といった用にアルバイトから経験してもらい会社の仕組みなどを知ってもらってから社員になってもらう会社が増えてきている。

 

登用制度が何故増えているのか

先ほども少し話しましたが、最近は会社に入社後、新人の行動の中のひとつに短期間で仕事を辞めてしまう若者が多いのである。【ゆとり世代】の教育のせいではないか、と団塊の下の世代の人達は言うが原因は定かではないが、【ゆとり世代】の若者にしっかりとした教育を教えていない【団塊の下の世代の人達】の指導がよろしく無いのだと考える。いつの時代も流れているので、ex) 紳士服店のように、『正社員登用制度』を取り入れて新しい制度を導入する。この様に今まで無かった制度を取り入れることで問題は解決すると考える。